お墓を建てる場所にはそれぞれに異なる特徴があり、かつては和型の墓石が中心の墓地が多かったのですが、近頃は洋型の墓石も多い霊園が増えてきています。中でも東京都などといった首都圏では注目が集まっていて数が少しずつ多くなってきています。国籍や、宗教を問わないといったところが多いということも特徴となっていて、料金が安く抑えられるようになっていているために選ばれやすくなってきています。特に、都会の中心から少し離れている自然があって静かなところや、都会の中心からの交通アクセスが良いところは人気があります。自分が亡くなったときのことに備えて自分の遺骨を納骨する場所を探す場合は参拝する家族のために送迎バスが運行しているかどうかについても注目しておく必要があります。

公園墓地として提供している所も存在する

霊園は、共同墓地や、墓苑などを総称して呼ばれている呼び名で、公園のような明るい場所に設置されています。檀家制度によって寺院と繋がっていることがないため、そのような意味合いでは自由な雰囲気を感じるという方が多いです。東京都には23区内だけでなく、多摩や、八王子などといった中部や、西部などの地域にたくさんの設置されています。交通アクセスが良好なところが少なくなく、中部や、西部などでは都市型公園墓地という形式で分譲している場合も少なくありません。郊外の方に行けば行くほど、広々として見晴らしが良く、開放感があるところが増えてきます。郊外になってくると交通アクセスが悪くないかを心配する方も増えてきますが、仮に交通アクセスが良くない場所にあるときは送迎バスが運行して交通アクセスの悪さを補っていることも少なくありません。

公営で遺骨を納骨する施設の特徴

東京都には、公営の霊園が存在し、民営のところと比較すると、たくさんのメリットを受けることができます。まずメリットとして挙げられることが管理費用が安いことで、それぞれの自治体が工夫して運用しているので、安く抑えることができるようになっています。他に挙げることができるメリットが宗教や、宗派に関係なく利用することができることで、特定の寺院が管理している墓地ではないため、その寺院の檀家でない場合でも利用することことができます。公営の場合は、区画が広い場合が少なくありません。周囲の環境も、緑や、自然が豊富となっているのが一般的です。そして、自由に石材店を選べるということも、メリットとして挙げることができます。注意する必要があることとして挙げられるのは、法要をする施設が近くに設置されていないことが多いということになります。