船橋市の家族葬での挨拶について

喪主が話す必要性やタイミングとは

時代の流れとともに葬儀に関する考え方にも変化があり、近年では規模の小さな葬儀を希望する人がかなり増えました。そのことから船橋市でも家族葬は珍しいことではなくなっており、多くの葬儀業者がプランとして導入していたり、専門としている業者も増えています。家族のみというわけではなく、故人と親しくしていた人や遺族の希望で呼ぶことができたりと、自由度が高いというのも家族葬のメリットであり船橋市でも人気を高めている理由の一つです。しかしいざ執り行うとなれば悩むのが、挨拶の必要性やタイミングではないでしょうか。本当に家族のみで執り行うとなれば、必要はありませんが、多少でも家族以外が参列するとなれば話は別です。葬儀での喪主の挨拶は、故人と参列者に敬意を払うために大切であり、タイミングにも注意しておかなくてはなりません。内容も簡潔にし三分程度に済ませると良いのではないでしょうか。タイミングに関しては葬儀業者が教えてくれるので問題はなく、内容もアドバイスしてもらえるので安心できます。信頼できる葬儀業者を選ぶことが大切であり、複数を比較し規模の小さな葬儀に慣れていて親身で安心できる対応の業者から選びましょう。

使ってはいけない言葉や注意点とは

家族のみだったりごく身近な人だけで執り行うとなれば、気持ちも緩んでしまいがちですが、葬儀という大切な儀式であり言葉選びには十分気をつけておかなくてはなりません。忌み言葉は使わないようにするなど、基本となるマナーを守るのはもちろんのこと、細かな点まで配慮しておかなくてはなりません。葬儀業者に相談し、どのような内容なら問題はないか聞いておいたり、メモを持って見ながら話しても問題はないので言葉遣いには注意しておくようにしましょう。

参列する側が注意するべきポイント

参列する立場となれば気をつけなくてはならない点も多くなります。基本的には一般葬と変わらないと考えておくべきですが、本来は家族など身内のみで執り行う葬儀に呼ばれたということは、それだけ故人と親しくしていて信頼もあるということではないでしょうか。そのこともあり、言葉遣いやタイミングにも気をつけるようにしましょう。大きな声で話しかけたり、挨拶をするのではなく相手のことを気遣う気持ちが大切です。家族葬に参列する際のマナーで悩んだ時には、船橋市の葬儀業者に相談してみるというのも一つのポイントではないでしょうか。

記事を共有する