船橋市の家族葬のマナーについて

親族の理解を得ておくことが大切

一昔前は葬儀は一般葬で故人と縁があった多くの人が足を運ぶことが当たり前とされていましたが、時代の流れとともに葬儀に対する考え方にも変化が生まれています。船橋市でも近所や親戚との付き合いが軽薄になっていたり、長生きする人が増えたことにより参列できる人が減ったなど、様々な理由から近年では規模の小さな葬儀を希望する人が増えました。そのことからよく耳にするようになったのが、家族葬であり船橋市でも珍しくはなくなっています。葬儀業者も家族葬プランを準備しているのはもちろんのこと、規模の小さな葬儀を専門としている業者も船橋市でも増えています。規模が小さいことにより、金銭面の負担を抑えることができたり、精神的な負担を抑えることができるというメリットがありますが、まだ馴染みがないという人が多いのも事実であり、スムーズに執り行うためには執り行う側もマナーに気をつけなくてはなりません。まず重要になってくるのは、周囲から理解を得ることです。特に親族には早い段階で伝えておくべきであり、できれば生前に本人の口から伝えてもらうようにしましょう。後々参列したくてもできなかった人とトラブルにならないようにするためにも、自然に了解を得ておくことは必須であり最低限のマナーと言えます。

参列できなかった人への配慮も考えておく

葬儀が終わった後にハガキなどで家族葬を執り行ったということを知らせるのも、大切なマナーの一つとなっています。参列してもらわなかった人に対する配慮が重要であり、理解してもらえるように丁寧に伝えるようにしましょう。参列したかったという人が多い場合には、後日お別れ会や偲ぶ会を開催することも考えておくべきです。故人を偲ぶ気持ちから自宅に弔問に訪れる人もいるので、返礼品やお菓子など弔意に対する準備もしておくようにしましょう。

参列する立場になった時の注意点とは

家族のみの葬儀を執り行うという知らせが届いた時には、どうしたら良いかで悩むのではないでしょうか。参列するか悩んだ際には基本的には足を運ぶべきではありませんが、遺族から参列してほしいという申し出があった場合には足を運んでも問題はありません。その際には身だしなみや香典など、気をつけておかなくてはならないマナーは多々あります。規模の小さな葬儀とはいっても、儀式的な要素は一般葬と変わりはないので身だしなみはきちんとしておかなくてはなりません。香典を受け取らないケースが多いですが、念のため持参して行きましょう。

記事を共有する